進撃の巨人ネタバレ|57話登場のケニーとニファとは?

進撃の巨人原作第57話で、新たに登場したケニーとニファというキャラクター。57話のタイトル「切り裂きケニー」とは一体誰の事なのか?そして57話で死んでしまったニファの詳細について、今日はご紹介します。

■切り裂きケニーとは?

これは任務についているリヴァイとニファの会話。「『切り裂きケニー』を知ってるか?」「え?」「都の大量殺人鬼ですか? 彼を捕えようとした憲兵が100人以上も喉を裂かれたという…。 

でもそれは何十年か前に流行った都市伝説ですよね」

「そいつはいる。 すべて本当だ」「え!?」「ガキの頃、ヤツと暮らした時期がある」

「えぇ!? どうしたんですか、急に…」

「兵長ったら、こんな時に冗談を言うなんて…」

都市伝説と化している『切り裂きケニー』は『切り裂きジャック』から命名されたんでしょうね。

■切り裂きケニーの正体とは?

ニファとの会話後、エレンたちの馬車を見守っているとリヴァイたちは何者かに襲撃されます。その襲撃犯こそが、『切り裂きケニー』 対巨人の装備とは異なる、対人立体軌道装置を装備した全身真っ黒な男。

彼はヒストリアの母を殺し、さらにリヴァイの本名を明かした「アッカーマン隊長」でした。

■切り裂きケニーとリヴァイの関係は?

リヴァイはケニーと、一緒に暮らしていたことがあると語っています。さらに、ケニーはリヴァイの本名を知っていました。ケニーがアッカーマン隊長と呼ばれていたことから、親子関係があるのでは?と考えます。

切り裂きケニーとまで呼ばれた大量殺戮者をリヴァイが父とは認めていないため、ケニーと呼び捨てにしているんじゃないでしょうか?

■57話で死んでしまったニファという女性団員とは?

ニファの初登場は57話だけではなく、彼女はハンジ・ゾエの班にいた小柄な女性です。よくよく原作を読み返してみるとハンジと共にコマの中にいることもしばしば。

56話で初めて名前がわかり、それまでは進撃の巨人ファンの間で、黒髪アルミンやおかっぱちゃんと呼ばれていました。

まだまだ原作の一コマ一コマだけに登場して、名前が明かされていないキャラも沢山います。

どんなキャラが突然浮上してキーパーソンとなるかわかりませんので、新情報が入り次第どんどん紹介していきます!!

« »

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ