リヴァイの本名が56話で明らかに!?進撃の巨人ネタバレ

進撃の巨人の原作・第56話で、リヴァイの本名が『リヴァイ・アッカーマン』である事が判明しました。リヴァイの本名については、56話で明らかになるまで様々な考察が繰り広げられてきましたが、やっと明らかになったリヴァイの本名について、また新たな謎が浮上しました。

2014-05-14 19.37.03

■謎の黒服・アッカーマン隊長の存在について

長身痩躯でナイフの使い手であるアッカーマン隊長は、ヒストリアの母を殺した張本人である。56話で彼がリーブスに対して、「リヴァイ・アッカーマンを知っているか?」と問い掛けた事から、リヴァイの本名が明らかになりました。

■アッカーマン隊長とリヴァイの関係性について

進撃の巨人スピンオフ作品の一つである「進撃の巨人・悔いなき選択」では、リヴァイの知られざる過去が明かされようとしています。その内、現段階で明らかになっているのが、リヴァイは捨て子として生きてきたという事実。

これを踏まえて、リヴァイとアッカーマン隊長は親子ではないか、との考察が広がっています。それはアッカーマン隊長が56話でリヴァイを育てた、とも取れるような発言をしているためです。

■リヴァイとミカサの関係性について

リヴァイと同様に、人気のあるミカサ。彼女の本名は「ミカサ・アッカーマン」です。56話でリヴァイの本名が「リヴァイ・アッカーマン」だと判明し、ミカサとリヴァイが実は兄妹なのでは?という考察の真実味が増しました。

ただリヴァイとミカサの年齢差の観点から、年齢が離れすぎているために、血縁関係は認めるが兄妹ではなく、親戚ではないかとの反論も浮上しています。

■アッカーマン家について

「人類最強の兵士」と呼ばれるリヴァイに引き続き、高い戦闘能力を誇るミカサの存在。そしてアッカーマン隊長の見事なナイフ捌きをみる限り、アッカーマン家は優れた戦闘能力を持つ一族だと推測されます。

そして東洋人の末裔と言われたミカサは、純粋な東洋人ではなくハーフであることが判明しています。この事から見ても、ミカサの父親がアッカーマン隊長であるという考察は少し遠ざかりました。

同じ「アッカーマン」の名を持つリヴァイ、ミカサ、そしてアッカーマン隊長。彼らが今後の物語に大きな影響をもたらすのは間違いありません。今後、「アッカーマン」家の秘密なんかも明らかにされれば、ますます進撃の巨人の謎の真相へと近づけるかもしれませね!

« »

スポンサーリンク