進撃の巨人ネタバレ57話画バレと感想!最新情報です!

進撃の巨人第57話「切り裂きケニー」。別冊少年マガジン2014年6月号に掲載。

まずは前回までのおさらいです。

・目覚めたエレンが、ベルトルトとユミルの会話を書き留め、ハンジに渡した

・リヴァイ班、リーブス商会が揃った前で、ヒストリアはリヴァイ兵長に詰められ、最高権力者になることを誓う

・エルヴィン団長は、エレンとヒストリアを使い、憲兵団の所在地を突き止めるという作戦に出た

・憲兵団はエルヴィンの作戦を見破り、リーブス会長らを殺害。エレン、ヒストリアは連れて行かれた

・会長の息子のフレーゲルはちょうど、立ちションしていたため、生き残った

ハンジがエルヴィンに仮説をたてる

場面は調査兵団トロスト区支部。

エルビン団長の元に駆け込むハンジ。

進撃の巨人57_02

エレンが思い出して書き留めた、ユミルとベルトルトの会話の手紙を、エルヴィン団長が目を通しました。

進撃の巨人57_04

こちらは単行本12巻47話の場面です。

進撃の巨人47_14

進撃の巨人57_05

ハンジの仮説では、

・ライナーたちの仲間であれば巨人化の能力を有していると考えられ、それによって巨人化をコントロールできる力を手に入れる。

・ライナーがエレンに巨人を投げつけたのは、エレンを食べさせて巨人化能力を継承させる目的だった。エレンの叫びはそれと同じである。

・エレンはただの器であり、王政は能力を都合のいい他の者に入れるのが狙い。

今までは、エレンは殺害されることはないという考えがありましたが、推測通りであるならば、一気にピンチな状態になりました。

それに対し、エルヴィンの反応は・・!?。

レイス卿領地潜入班の報告書をハンジに渡す。

進撃の巨人57_09

壁の巨人の謎を守るための「強固な誓約制度」とは!?

なぜ未だにヒストリアが継承権を持っているのか?そして王政から狙われたのか?

ハンジが手紙を読み始めたところで、中央第一憲兵に出頭せよとの伝令が入りました。

去り際にエルヴィン団長はハンジに、自分の考えで判断し、臨機応変に動け、次の調査兵団団長はハンジ・ゾエ。お前だと言葉を残します。

ピクシス司令との交渉も決裂。本当に決裂したのでしょうか?そういった流れに思わなかったですが、エルヴィンの何か考えがあってのことなのか疑問です。

第一中央憲兵からの殺人容疑

街の中心で人が集まっているところに呼び出されたエルヴィン団長。

進撃の巨人57_15

リヴァイはディモ・リーブスと呼んでいましたが、エルヴィン団長はリーブス・エドワード」となっています。

憲兵はエルヴィンに対し、無実を証明するなら調査兵団全員出頭しろと命令を下しました。

進撃の巨人57_21

ハンジに対する言葉といい、「この無念・・・私が必ず」といい、エルヴィン団長に死亡フラッグを感じさせる場面です。

建物の間からこっそりその場を見ていたリーブス会長の息子フレーゲルは、ハンジの立体機動で屋根の上へとさらわれます。

ハンジは会長の殺害現場を目撃したことを証言するよう説得しますが、ほそぼそと生きたいフレーゲルは拒否します。

進撃の巨人57_27

2日後

ストヘス区に調査兵団が民間人を殺害し、逃亡したと、憲兵団が動きました。ますます危機的状況下に置かれた調査兵団。

進撃の巨人57_30

ここでまた気になる逆さ文字

進撃の巨人57_30 リヴァイ

グーチョキパー?ワッショイ?シメイテハイ?などと読めます。

これは意味なさそうですね?

ジャン、コニー、サシャの3人は、リヴァイ兵長に対して懐疑心を抱き、戦意喪失していた。

進撃の巨人57_34

切り裂きケニー

ここでやっとタイトルの切り裂きケニーです。棺桶を2つ運ぶ憲兵団を建物の屋根から監視をしているリヴァイら。アルミンとニファもそっくりな描き方で、最初あれ!?アルミンと疑いました。

進撃の巨人57_36

このフリは・・・

進撃の巨人57_37

進撃の巨人57_38

進撃の巨人57_39

進撃の巨人57_42

超フル装備w

進撃の巨人57_43

進撃の巨人57_45

最後の場面、リヴァイ兵長が格好良すぎる。剣と銃って。顔、体型といい、日本人対白人の図式の様になっちゃってます。歴史が語るように、世界から人間の争いはなくならないのでしょうか?カニバリズムとかわりません。

そんなことを考えながらも、次回が楽しみですね!単行本でも4話目にあたるので、山場を迎えるでしょう。

« »

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ