進撃の巨人 ネタバレ 24話 感想

進撃の巨人  第24話「巨大樹の森」 ※ネタバレ感想を含みます

 

馬が1頭のため、残されたアルミン、ジャン、ライナーの3人。

そこへ馬を2頭連れて向かってくる姿が・・・。

久しぶりにクリスタの登場。

みんなの体調を気遣い、涙を浮かべながら、
「最悪なことにならなくて本当に良かった」と優しいクリスタ。

アルミン(神様・・・)

ジャン(女神・・・)

ライナー(結婚したい・・)

3人の心の中が笑えますw こんな戦場でクリスタみたいな子いたら本当神ですね!

でも、ジャンの馬を連れてきたり単独行動だったりと、なんか不自然な気が?

 

撤退命令が出るかに思われたが、緑の煙弾があがり進路を変えて作戦続行であった。

そんな時エレンのいるリヴァイ班に、口頭伝達で右翼が壊滅的打撃との報告が入る。

 

そして黒の煙弾が陣形の深くであがる。

現場では女型の巨人に次々と兵士が惨殺されていた。

 

一方、陣形は東にひたすら進んでおり、巨大樹の森にぶつかった。

中列の荷馬車護衛班のみ森に侵入せよとの指示。

 

森に侵入したリヴァイ班。

「どうやって巨人を回避するのか?荷馬車班を守るのか?」と次々と質問を投げかけるエレン。

「考えろ お前のその大したことない頭でな」

オルオやペトラの表情から、誰もがこの状況を理解できいないことが窺えた。

 

そして・・・

P1020649 3

« »

スポンサーリンク