リヴァイ兵士長 特別編

特別編 リヴァイ兵士長の記事です。

 

今から100年以上前人類はある天敵の出現により
絶滅の危機を迎えた。

なんとか生き残った人類は3重の巨大な“壁”を築き、
そこで100年の平和を実現させる。

絶滅の危機を迎えたにも関わらず、
あの50mもある高い壁を、広範囲に渡って築けるものだろうか?

普通に考えたら、どんどん喰われてしまい壁作ってるどころじゃないですよね。
ピラミッドの石をどうやって運んだのか並みに、あの壁の製造法が気になります。

そして次に巨人が攻めこむまで、何で100年もの期間が空いたのだろうか?

まだまだ謎だらけですね〜。

 

5年前に巨人の侵攻を受け、それから壁外への進出を試みることになる“調査兵団”が、
人間の命運をかけた、とても重要な役割を担う戦闘集団である。

その中でも人類最強の兵士と呼ばれるのが「リヴァイ兵士長」

一人で一個旅団並みの戦力があるらしい。

一個旅団ってどのくらいなのですかね?

 

re

 

 

しかしぱっと見は引き篭もりの虚弱系w

どう見ても弱そうにしか見えないのだが・・・。

 

しかし・・・強いんです!!!

 

巨人が何体いても臆せず向かっていきます。

部下にもテキパキをした指示。

できる男だ!!

 

 

手についた返り血を「汚ねぇなチクショー」とハンカチで拭くリヴァイ。

ハンカチ王子かw

神経質な雰囲気を醸し出しています。

でもその後死にゆく血だらけの兵士の手を握り、

「約束しよう俺は必ず!!巨人を絶滅させる!!」と最後の言葉をかける。

安心したように眠った兵士。

顔は無表情ですが、人間味もあるいい奴そうです。

 

そこにエルヴィン団長がやってきて街に異変が起き退却の命令が。

リヴァイがこれからどんだけ暴れるのか注目です。

かなり重要な人物になりそうですね。

« »

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ